ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

販売促進物製作ガイドライン

トップ > 販売促進物製作ガイドライン

販売促進物製作ガイドライン

会員の皆さまが作成する販売促進物は必ずビットマスターの認定が必要となります。
すでに会員の皆さまが作成し販売しているものもビットマスターの認定が必要です。

 

1. 販売促進物製作ガイドラインの基本姿勢

ビットマスター(以下、弊社とします)は、会員が関連法規と弊社ビジネス会員規約を遵守した販売と勧誘活動を行い、消費者保護を重視した健全なビジネス活動の推進を基本姿勢といたします。
弊社は会員が弊社製作の販売促進物以外を使用することを禁止しています。但し、弊社が認めた会員製作の販売促進物は除きます。

 

2. ガイドライン制定の趣旨と目的

特定商取引に関する法律(以下「特定商取引法」)その他の法令では、広告には一般の消費者に商品やビジネスについて興味を抱かせる効果があリ、これにより過大に期待を抱かせて契約を締結させること等を防止するために、広告に関する規制をしております。
本ガイドラインは、弊社会員が商品紹介やビジネス勧誘を目的に販売促進物を使用するときに、それが関連法規やビジネス会員規約に違反しないよう販売促進物製作についての指針を与えることを目的とします。
製作者は、本ガイドラインを逸脱することなく、販売促進物を製作しなければいけません。また、販売促進物を利用する者は、弊社製作もしくは本ガイドラインに沿って製作され、認定を受けた物以外を使用することはできません。
本ガイドラインは、ビジネス会員規約に規定する広告に関する違反行為について具体的方針を定めたものであリ、本ガイ卜ラインに違反する行為はビジネス会員規約違反として処分されます。
また、インターネット上に掲載されている弊社の商品、ビジネスその他弊社に関する事項、および、公開した画像、情報リンクは、すべてインターネット広告とみなし、本ガイドラインに準拠しなければいけません(「インターネット広告ガイドライン」を参照)。

 

3. 販売促進物の定義

弊社の会員が、弊社の商品を紹介することまたはビジネスに勧誘することを目的に使用する映像音声(ビデオ・DVD・パワーポイント・テ一プ・CD等)、印刷物(著書・冊子・パンフレット・カタログ・ちらし・フリップチャー卜等)、その他一切の広告は、販売促進物とみなします。また、会員間でのみ使用される物であっても、一般の方に渡る可能性がある物は販売促進物とみなします。

 

4. 製作認定プロセス

(1) 申請書提出

申請書 に申請者・用途・製作内容・製作部数を記載し、製作した販売促進物(原案)と共に、弊社に提出してください。

 

(2) 審査

弊社は、申請書の内容に不備がないことを確認し、提出された販売促進物(原案)が本ガイドラインに沿ったものであるかについての審査を行います。
申請書の内容に不備があったときは、審査前に、申請者に補正を行うよう求めます。

 

(3) 認定

弊社は、審査の結果、販売促進物として認められると判断したときは、申請書の写しに認定番号と認定日を記載し申請者に送付します。

 

(4) 審査結果

審査の結果、弊社が販売促進物として不適当と判断したときは、申請書と販売促進物(原案)を返還します。なお、申請者は、修正・訂正・削除した箇所を「申請書」に記載して再提出を行うことができます。

 

(5) 製作

認定を受けた者は、弊社が認定した内容を変更することなく製作するものとし、配布前または販売前に、認定番号を記載した製作物と共に誓約書を弊社に提出してください。
注)増刷する場合は、事前に弊社に報告してください。製作者以外による複製は固く禁じます。

 

(6) 使用期限

認定された販売促進物の使用期限は、認定日から1年とします。
継続して利用するときは使用期限の3ケ月前までに再申請をしなければなりません。
ただし、法令やビジネス会員規約に変更があったとき、または弊社の判断により使用期限前に使用を終了させることがあります。

 

(7) 改訂

認定後、内容を変更する場合は、申請書に改定箇所を記載し、新たに「認定」を受けなければなりません。

 

5. 商品の表現

(1) 商品の表現は、弊社が提供する「商品ラベルや商品パッケージ」「会報誌」「販売促進物」および「ビットマスターホームページ」に記載された内容に限ります。

ただし、上記をそのまま転載して使用することは禁止します。

 

(2) 効果効能は表現できません。

「アクアサンゴ」は、医薬品ではないので、医薬品のような効果効能は述べることはできません。
例:「血糖値が下がった」「ひざの痛みが治った」「お肌がつるつるになった」等

 

(2) 体験談の扱い

個人が体験した体感なので「不実」にはあたりませんが、病気治療に効果がある等の体験談は、医薬品医療機器等法「承認前の医薬品等の広告の禁止」に違反します。
例:「はっきりと見えるようになった」「お通じがよくなった」「痩せた」「失明を免れ手術不要になった」等

 

(3) 専門家・専門団体・専門機関の見解または学術文献の扱い

弊社の商品に関わりなく、栄養機能食品等医薬品でないものに、専門家・専門家団体・専門機関の見解または学術文献を引用することはできません。医薬品医療機器等法は、これらに記載されている効果効能についての箇所を引用することで、効果効能を暗示させるおそれがあるとして禁止しています。
例:「研究機関がカルシウムやマグネシウムに関する論文を出している」等

 

(4) テレビニュース・著書・雑誌・新聞の情報の扱い

弊社の商品に含まれる成分が病気治療に効果があったとするニュースや報道、本や雑誌を紹介して商品販売や勧誘をおこなうと、特定商取引法「誇大広告の禁止」に違反することになりますので使用しないでください。

※「7. 著作権・肖像権等による規制の要旨」参照
例:「TVニュース」「TV番組の健康特集」等

 

6. 特定商取引法(誇大広告等の禁止)の要旨

弊社に登録した会員は、弊社の取引形態が連鎖販売取引であることを理解し、特定商取引法で規定されている連鎖販売取引の条項を遵守しなければなりません。特定商取引法では、違反者に対する厳しい処分が定められています。
特定商取引法第36条で禁止されている広告は、商品の効果効能やボーナス収入などについて、「著しく事実に相違する表示(虚偽広告)」や、「実際のものより著しく優良であり若しくは有利であると人を誤解させるような表示(誇大広告)」の2点です。
体験談として語られる高額収入または商品の効果効能が強調されるビデオ・DVD・テープ・本などを使用して、弊社の会員が消費者に商品を紹介して勧誘すると「誇大広告等の禁止」に該当することがあります。
このような販売販促物の使用を禁止します。

 

(1) 体験談を掲載した資料が「誇大広告」になる理由

目の病気(緑内障、白内障など)が治った、血液中の検査数値が改善した等、商品を摂取することによって「病気治療に効果がある」という説明は、裏付けとなる根拠を示したとしても特定商取引法の「誇大広告」に該当するおそれがあります。一部の愛用者の体験談だけでは、この合理的な根拠を示す資料には該当しません。

 

(2) 高額収入説明の資料が「誇大広告」になる理由

「登録後1ヶ月で100万円の収入」とか、「一生懸命頑張って2ヶ月間にセミナーやミーティングに50回以上参加し、いまでは月収7ケタになった」等の表現を使った資料がこれにあたります。
理由は、勧誘者から説明された内容と同じ努力をしても「過度な利益」が得られる保証はなく、たとえ勧誘する人数やミーティング参加回数が同じであっても勧誘者が説明する同じ収入が得られるとは限らないからです。不特定多数の人が参加する取引において、一部の人が得た利益のみを強調することは統計的に客観性がなく、「誇大広告」と見なされます。

 

7. 著作権・肖像権等による規制の要旨

第3者の著書や写真、テレビ番組で放映された内容を勝手にコピー、収録、編集してビデオ・DVD・本を製作したり、セミナー等のBGMとして著名な歌手や曲を使用したりすると著作権、肖像権等の侵害にあたります。

特に商品販売やビジネス勧誘のように利益獲得を目的で利用する場合は、無許可での引用が禁止され、刑事罰や損害賠償の対象となることがありますので、このような行為は行わないでください。

 

8. その他の禁止事項

  • (1) 個人を特定できるような内容は個人情報保護法等に抵触する恐れがありますので、個人の氏名や写真等を使用する場合は相手の了承を必ずとって使用してください。
  • (2) 他社のビジネス及び他社の商品を誹謗中傷するようなことをしてはいけません。
  • (3) 弊社の商標、ロゴマーク等は使用できません。また、原料供給会社・製造工場の画像、デザイン、ロゴ、社名等は使用できません。他社の商標、ロゴマーク等も使用できません。
  • (4) 弊社のビジネス、商品以外のものをプロモーションしてはいけません。

9. ガイドラインの改訂と撤廃

本ガイドラインは関連法規の改正がある場合に改訂されることがあります。

 

10. 販売促進物の認定申請方法

所定の申請書に必要事項を記入し、製作した販売促進物(原案)とともにビットマスターカスタマーセンターに提出してください。
弊社から認定されると認定番号が発行されますので、完成した販売促進物本体・表紙(書籍・DVD・ビデオ等)に表示してください。

 

11. お問い合わせ窓口

質問やお問い合わせは下記の窓口にご連絡願います。

■ お問い合わせ先

ビットマスターカスタマーセンター

TEL : 050―6865-5549

FAX : 050-6865-6269

受付時間 平日 : 9時~18時(土・日・祝日休み)

MAIL info@bitmaster.ca または support@bmsc.zendesk.com

以上

販売促進物ガイドライン制定年月日 2014/09/19

改定 2015/04/01