ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > ビットコイン、金、そしてユーロへ

ビットコイン、金、そしてユーロへ

2014/09/29

new_Bn1yUH3IUAAmE_G

 

 イギリスにある、金とビットコインの変換を扱うNetagioは、銀行システムへのアクセスなど支払いシステムを展開するWalPayとの提携を発表した。

 

 これは、元々金とビットコインでの取引を行っていたNetagioの顧客がポンドやユーロやドルといった通貨でも取引が可能となったことを示す。


また、同社は他の通貨も随時利用可能としていくことを計画している。

 

 さらには今後、通貨の取り扱いのみに限らず、クレジットカードやデイビッドカードの支払いもNetagioのアカウントで可能となる予定らしい。(具体的なスケジュールは明らかではないが、恐らく今年度中にはできるのではとのこと)

 

このような動きはNetagioのみならず、WalPayにとってもメリットは大きいようだ。


WalPayの事業開発のトップは、新たな銀行機能としてNetagioと組めることを楽しみにしている。

 

 各国の通貨に対応している金融機関などがビットコインにも対応するといったニュースはこれまでも目にしてきたが、逆にビットコイン(と金)を扱っていたところが、各国通貨にも対応するというニュースはあまり見たことがなかった。

 

 普段から仮想通貨関連の情報を目にしているからか分からないが、このように、通貨の1つとして仮想通貨が普通に扱われているニュースを見ると、ますます可能性を感じてくる。