ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > イーロン・マスク「ビットコインは不正取引に使用されるだろう」

イーロン・マスク「ビットコインは不正取引に使用されるだろう」

2014/10/22

new_2534551796ee0a2638b462ce82e33b65091b1d42_1600x1200

 

 

 先日、本サイトにてピーターティール氏のビットコインに対する見解をお伝えしたが、今度はイーロン・マスク氏がインタビューのなかで、ビットコインについて言及していたのでお伝えする。

 

 イーロン・マスクと言えば、ピーターティールとともに、PayPalを設立し(正確には前身のX.comを創業)、その後スペースXの創業やテスラモーターズへの投資を行うなど、非常に有名な起業家・投資家である。

 

 その彼が、先日行われたVanity FairのNEW ESTABLISHMENT SUMMITにてインタビューに答えた。


 そこで、彼は「ビットコインは良いと思うが、不正取引に使われる可能性があるだろう」との意見を述べた。


PayPalの立ち上げからずっと携わってきた彼の発言であるため、とても含蓄のある発言に思われる。

 

 ただ、彼が言うには、これまでの様々な新しいビジネスも合法と非合法の間で暗黙的に大目に見られてきたものもあるとし、法律そのものや、ひいては社会全体の発展のためにある程度は認められるべきところもある、との考えを示した。

 

 先日のピーターティール氏の記事にもあったが、金融システム(特にここでは決済システム)を統合し、シームレスに使えるようにするというのはPayPalでも未だに成し得ていない。


 PayPal自身、ビットコインに対応することが発表されたが、今後、法的な面でも前例のないことが起こり、どんどん整備されていくことになると思われる。

 

決済ビジネスにどのようなイノベーションがもたらされるか、楽しみにしていきたい。