ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > 1 NUBITS = 1 USDを実現

1 NUBITS = 1 USDを実現

2014/11/13

new_スクリーンショット-2014-11-13-3

 

 

ビットコインにはいくつかの改善すべき点がある。

 

 一つには、Proof-of-Workによるハイコストなセキュリティモデル、またそれによってネットワークの管理権限はマイナーに与えられ、その管理権限はビットコインの所有権とは全く独立したものであった。

 

 これをPeercoinはProof-of-Stakeによって、貨幣の発行を外部ソースによるものから内部ソースによるものへと変化させ、上記の問題を両方とも解決した。

 

 しかし、相変わらずBitcoinもPeercoinも価格のボラティリティは大きく、貨幣として機能するには大きな欠陥である。

 

この価格のボラティリティの問題に一つの解決策を提示したのがNuBitsだ。

 

 開発者のJordan LeeはPeersharesプロジェクトにも携わっていた。先日の一橋経済研究所に関する記事でも、仮想通貨のボラティリティに関する提案がなされていた。

 

 大雑把にまとめるならば、一橋経済研究所の提案がマクロ視点からのものであるのに対して、NuBitsの解決策はミクロ的なものである。

 

 仮想通貨のボラティリティに関して、今はまだ流動性が足りないだけで今後仮想通貨が広まっていく中でこの問題は解決されるという意見もある。

 

 しかし、十分に流動性が生まれたとしてもボラティリティに関してはトヨタや三菱UFJといった株式と同じレベルになるだけで、到底貨幣として機能しうる所までは達しないだろう。

 

 仮に貨幣として十分なくらいに減少したとしても、BitcoinやPeercoinを資産として所有している人にとって、魅力の無いものとなってしまう。

 

その結果、手放され、また流動性が低いという問題が再浮上しうる。

 

 元々、仮想通貨には一つで決済手段としての通貨と投資目的の資産の両方の機能を兼ね備えていることが問題であった。

 

 NuBitsはそれぞれは代替不可能なNuSharesとともに機能する事で1NuBits=1USDをほぼ維持するというアイデアである。

 

実際この記事を書いてる時点においてはこの目標は達成されているように思われる。

 

 

 

 

ソース元:CoinMarketCap

 

 

1NuBits=1USDを維持するという操作は全てNuSharesの所有者が行う。

 

 NuShares所有者のその操作を通じてNuネットワークの価値が上昇するのに応じて、所有しているNuSharesの価値も上昇する。

 

そこにNuShares所有者のインセンティブを見出している。

 

 価格の維持の仕方は、1NuBitsが1USDを上回れば、NuBitsを売り気配を増やし、逆に下回れば買い気配を増やすというものだ。

 

まさに株式の価格決定と同じである。

 

 NuShare所有者はProof-of-Stakeによってブロックを生成していくのだが、そのブロックのcoinstake transaction(ブロック生成報酬としての貨幣発行データが記載されるもの)の中で投票を行う。

 

その投票には、”Custodian vote”、”Park Rate vote”、”Motion vote”の3種類がある。

 

まずCustodian voteは1USDを上回ってNuBitsの売り気配を増やすのに使用される。

 

 投票をもってカストディアンと呼ばれる人たちにNuネットワークからNuBitsが渡される。出資のようなイメージだ。

 

カストディアンは前もってNuネットワークにどのように貢献するかを公表しておく。

 

例えば、出資金を元にメッセージサービスを開発する、配当を出す、といったものである。

 

 ただし、配当はNuBitsを配当にしては1USDにペグするという目的が達成されないのでPeercoinで行わなければならないようである。

 

これらの情報を元にNuShares所有者はどのカストディアンに出資するかを決める。

 

次にPark Rate voteは1USDを下回ってNuBitsの買い気配を増やすのに使用される。

 

投票の中で複数の期間に渡って金利を設定できる。

 

その金利を上げることでNuBitsを所有したいという需要が増える。

 

 Motion voteというのはあるトピックに関してネットワーク参加者でマニュアル的に意思決定をすることを促すものである。

 

なので上の二つとは異なり、投票自体がネットワークに直接的に影響を及ぼすものではない。

 

 

以上がNuネットワークの概略である。
 
 筆者の現時点での考えでは、確かに1USDペグはほぼほぼ達成されているが、NuBitsの需要を調整する操作がそれほど強いものには思えない。
 
またNuShares所有者への依存が大きく、分散化要素は大きく減少している。
 
 そのため今後浸透していき、多くのユーザーがネットワークに入ってきたときに権限依存的な面でも操作の市場に与える量的な影響の面でも1USDペグを維持できるかが懸念される。
 
 

 ただ少なくとも現時点ではボラティリティを減少させるという目的は達成されており、そこから学べるものは多いと思う。

 

筆者もまだNuネットワーク上での詳細な取引や投票は確認できていない。

 

ネットワークに入る事も含めて今後も調査していきたい。