ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > 仮想通貨ソーシャルメッセージアプリGEMのプリセール!

仮想通貨ソーシャルメッセージアプリGEMのプリセール!

2014/12/03

new_スクリーンショット-2014-12-03-15

 

 

以前お伝えしたメッセージアプリのGemのプリセールが現在行われている。

 

日本時間の12/4 AM2:00頃まで行われる。

 

この記事を書いている時点では1BTC = 17250GEMZの交換比率で販売されている。

 

 ただ、Gemのサービス自体は今回GEMZを購入しなければ使えないという訳ではないので安心していただきたい。

 

 さて、話題はGemにビジネスモデルが似ている最近話題のSNSサービス「tsu」に移るが、次のような記事を見つけた。

 

話題のTSU(スー)がネズミ講ソーシャルまっしぐらでお腹痛すぎ!!

 

tsuでは招待制によってのみユーザーが可能となっている。

 

さらに招待された人が稼いだ金額に応じて招待した人にも報酬が与えられるという仕組みだ。

 

そしてスタートして1ヶ月ちょっとにも関わらずTLが情報商材関連の書き込みにあふれているらしい。

 

より詳細に関しては上のリンクを参考にしてほしい。

 

Gemにおいても同様に招待報酬システムを採用するようである。

 

ただWhitepaperのQ&Aによるとそこにアクティブユーザーカウントシステムも加わるようである。

 

 まだ詳しい詳細はわからないのだが、ロボットなどによるアクティブユーザーは排除してカウントできるようである。

 

 筆者自身は前回の記事を書いた際には招待報酬制ではないという認識だったのだが、どうやら勘違いだったようである。

 

 確かに仮想通貨が関わっているため現時点ではtsuのように一般ユーザーが簡単に始められるほどシンプルではなく、短期的にネズミ講ソーシャルになる可能性は低いと思うが、そもそもGemは仮想通貨を広めていくことも目的の一つなのだからそれではいけない。

 

 アクティブユーザーカウントシステムに関しても実際に運営が始まってユーザーが増えていかないと何ともいえない。

 

 またそのシステムの詳細が公開されればその死角を突くようにロボットをプログラムすることも可能かもしれない。

 

とにかくtsuの前例がすでにあるのだからそれを参考にうまく運営していってもらいたいものである。