ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > TIME社が雑誌の購入にビットコインを導入

TIME社が雑誌の購入にビットコインを導入

2014/12/17

new_スクリーンショット-2014-12-17-18

 

 世界的な雑誌出版社TIME社がCoinbaseとパートナーシップを結んで雑誌の購入にビットコインを使用できるようにすると発表した。

 

TIME社はTIMEを筆頭に様々なジャンルの雑誌を発行しており、月間1億人以上の読者を抱えている。

 

 今回、ビットコインでの購入が可能になったのは、Fortune、Health、This Old House、Travel + Leisureの4誌である。

 

 

 

 

これでTIME社が最初にビットコインでの支払いを受け入れた大手雑誌出版社となった。

 

マイクロソフトに続いて仮想通貨業界にとって良い流れである。

 

ビットコインの受け入れることでTIME社にとってもメリットがある。

 

それはマイクロペイメントによる記事の販売が可能になるという事だ。

 

 これまでのクレジットカードや振込による支払い方法では手数料がかかるので、雑誌単位ではなく記事単位での販売は読者にとってデメリットが大きく、ビジネスとして成り立ち得なかった。

 

 だが、手数料の低いビットコインでの支払いを可能にしたことで記事単位での販売のビジネスモデルも選択肢の一つにできるようになる。

 

そうなると今以上に読者が増えると期待できるだろう。

 

今後も世界的大企業のビットコイン導入から目が離せない。