ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > ビットコイン、不正操作で99%が消失…警視庁

ビットコイン、不正操作で99%が消失…警視庁

2015/01/02

ビットコイン、不正操作で99%が消失(警視庁)

 

ビットコインの購入記録がないのに残高増える不審口座の存在

ビットコイン、不正操作で99%が消失…警視庁
http://www.yomiuri.co.jp/it/20141231-OYT1T50135.html

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の取引サイトを運営していた「マウントゴックス社」(破産手続き中)のシステムから約65万BTC(約247億円=31日現在)が消失した事件で、警視庁の解析の結果、同社が説明してきた外部からのサイバー攻撃による消失は全体の約1%の約7000BTCで、残りの約64万3000BTCはシステムの不正操作によって消失した疑いが強いことが捜査関係者への取材でわかった。

 同社のシステムに精通する人物が、顧客のBTCを無断流用していた可能性があり、同庁で捜査している。

 捜査関係者によると、接続記録などの解析から、約7000BTCについては、送金操作が失敗したと誤信させて再送金させる手口のサイバー攻撃の痕跡が確認されたが、残りの約99%にあたる約64万3000BTCにはサイバー攻撃の痕跡はなかった。


bitcoin