ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > ビットコインでの寄付が可能なイベント「BURNING MAN」

ビットコインでの寄付が可能なイベント「BURNING MAN」

2014/12/26

new_Burning-man

 

 

皆さんは、Burning Manという活動をご存知だろうか。


自分は今回初めて知ったのだが、アメリカで毎年行われる大規模なイベントである。

 

 Buringin Manは毎年8月最終月曜から9月の第一月曜までがその会期とされ、ネバダ州にあるブラックロック砂漠にて行われる。

 

 その世界観は非常に独特で、参加者はプラーヤと呼ばれる平原に街を作り上げ、そこで新たに出会う隣人たちと共同生活を営み、自分を表現しながら生き抜く。

 

 表現方法は人それぞれで、例えば絵画や彫刻などの制作、演劇、大道芸、レイヴパーティー、瞑想、パネルディスカッション、など非常に多岐にわたる。

 

 そして特徴的なのは、最後には街の象徴として場の中心に立ち続けていた人型の造形物「ザ・マン」に火を放ち、すべてを無に還すのである。

 

詳しくはwikiに細かく載っているので、そちらをご参照いただきたい。

 

Burning Man

 

 さて、今回取り上げたこのBurning Manであるが、基本的にはチケットの販売によって開催費用を賄っている。

 

 しかしながら、上記のとおり、各々の創造活動にはそれなりの費用がかかり、この活動に対してCoinbaseを通して、ビットコインによる寄付が集められているようだ。


ちなみに、このビットコインによる寄付は控除対象となる。

 

 Burning ManのCEO、Goodell曰く、ビットコインによる寄付が採用される背景には、その安定性や、NPOに対するチャージが発生しない点など、親和性が高いことがあるとのこと。

 

 このBurning Manというイベント、非常に独特の世界観をもつイベントであり、個人的にはどこかサブカルチャー感を大いに感じる。

 

 ビットコインによる寄付という観点からこの活動を知ったが、これはもっと広く知られてもいいイベントなのではないかと思った。


個人的にはもっと詳しく触れてみたいイベントである。