ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > 消費者のビットコイン信頼度はどの程度?

消費者のビットコイン信頼度はどの程度?

2015/03/02

bit

 

 シカゴを拠点とするコンサルティング会社Walker Sands Communicationsが小売に関する年次レポートを公開した。

 

 今回発表されたレポートは2015年以降の消費者のニーズを汲み、また消費者の行動を予測することにより小売業者のテクノロジーの活用を手助けしようという目的の下、1400人以上のアメリカの消費者からアンケートを取り、そのデータを分析したものである。

質問の中にビットコインへの言及があったので、本記事ではそれを紹介したい。

 

 アンケートの中に「あなたにとって最も安心安全な支払い方法を答えて下さい」という質問があり。
アンケートの結果
56%の人が現金
22%の人がクレジットカード
16%の人がデビットカード
3%の人が暗号通貨(ビットコイン)
2%の人が小切手
1%の人がモバイルウォレット

を最も安全安心な支払い方法だと回答している。

 

 アンケートを取ったサンプルの質が不明確なことやサンプルの大きさがそれほど大きくないことからはっきりとしたことは言えないが、既に3%もの消費者が暗号通貨を最も信頼しているという結果になった(最もという条件がなければもっと割合は上がったであろう)。

また、モバイルウォレットといった分野の近い支払い方法よりも信頼を勝ち得ているという結果になった。筆者は意外とアメリカでも現金に対する信頼が未だに厚いことに少し驚きを覚えた。

 

 今回紹介したレポートはこのリンクの下部のフォームに名前と所属とメールアドレスを記載して送信、送られてきたメールのリンクからダウンロードページへアクセスしPDFをダウンロードすることで読むことができる。

 

本レポートでは他にも
・早く郵便物が届くことより送料が無料であることが好まれる。
・アップルペイの登場によりモバイル決済が普及しつつあるが、プライバシーやセキュリティーに関して消費者は懸念を持っている。
・ドローンなどの登場は消費者からも期待されている。
等々の事がまとめられており、ビットコイン以外でも興味深い内容になっているので、是非一読をおすすめする。