ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > BitGive財団、後進国支援のための新たな希望

BitGive財団、後進国支援のための新たな希望

2015/03/27

bitgive-medic-mobile

 

 いつの時代も、新しい概念や思想といったものは受け入れられるまでにとても長い時間が掛かる。

ビットコインも例外ではなく、革新的なテクノロジーであるにもかかわらず、我々の普段の生活の一部として広く浸透するにはまだまだ遠い道のりが必要だ。

 

 ビットコインのユースケースは多くの人が模索しているが、もっとも有望だと言われているのは「寄付」だ。

通常、寄付金は街頭で直接、あるいは銀行振込み、クレジットカードなどを介して行われるが、これらは最終的に現地に届くまでに国際送金に係るさまざまな手数料によって目減りする。

 

 ビットコインは、究極的にはこれらの取引手数料をゼロにでき、為替を介する必要性もなくしてしまう。つまり、あなたが発展途上国に送りたいと思った100円全額を届けることができるということだ。

 

 BitGive財団は、これまで発展途上国や後進国の子どもたちを救うため、
The Water ProjectやMedic Mobileなどさまざまなプロジェクトに貢献してきた。

BitGive財団のConnie Gallippiは、ビットコインが世界に与える正の可能性について語った。

 

 “私たちは継続して、たくさんの努力をしてきました。

私たちはみなビットコインとこの仕事に誇りを持っています。

コミュニティのイメージを改善し、メインストリームの人々へと訴求するための方法を模索してきました。

私たちがしてきたことで目標達成に貢献できるのならば、それは素晴らしいことです。”

 

 Medic Mobileは特に興味深いプロジェクトだ。

Medic Mobileは、モバイル技術を活用し、発展途上国で医療に従事する人々を遠隔からサポートするオープンソースプラットフォームの構築に取り組んでいる。

 

 BitGive財団はこのプロジェクトにおいて、現地で働くボランティアが使用する携帯電話を配布している。

携帯電話を使用することで、現地の医療従事者は人々の体調を記録したり、緊急事態が発生したときには専門家に直接通信することができる。

Medic Mobileはもはや彼らの必要不可欠なインフラとなりつつある。

 

 BitGive財団はBitPay、パーキンス・コイエ、ロジャー・バーなどの支援を受け、2013年に創設された。

運営はビットコインコミュニティの善意で行われており、公式ページに貼られたQRコードアドレスには、合計150BTCが寄付されているのが確認できる。

 

 ビットコインのイメージを塗り替えようとする彼女の努力には、ビットコインを寄付することで、敬意を表したいと思う。
donation-bitgive