ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > CoinJar社がビットコインデビットカード「CoinJar Swipe」を提供開始

CoinJar社がビットコインデビットカード「CoinJar Swipe」を提供開始

2015/05/22

samune1

 

  オーストラリアのビットコインサービス会社CoinJarがデビットカードサービス・CoinJar Swipeの一般への提供を始めました。

 

  このカードによりユーザーは、全国の820,000ヶ所以上の小売ターミナルにて、自身のビットコイン口座から支払うことが可能になります。

また銀行ATMから現金を引き出すこともできるようになります。

 
ライフスタイル型購入
 

  CoinJar社は2015年2月25日に本サービスをローンチしました。

試験運用については2014年9月以来行っており、61人ほどのユーザーが豪ドル30,000を期間内に消費しています。

 

  試験運用なども含んだ同社のデータによると、これまで彼らの提供するデビットカードによって行われた取引の3分の2は、カフェやバー、スーパーマーケットや雑貨店での日常的な購入でした。

 

  マーケティングチームを率いるSamuel Tate氏は、CoinJar Swipeのユーザーについて「試験期間中を通して、全体の取引活動において大幅な伸びを見せています」と話し、Swipeのようなツールが主流派のビットコイン採用を推進するための鍵であることが証明されたと述べました。

 

口座の補充
 

  現時点ではデビットカードをユーザーが利用する際に、事前にデビットカードに手動でお金を入金しなければなりません。

ビットコインへの交換はCoinJarの取引所によって管理されていますが、将来的には自動補充機能によってユーザーが最低残高をキープできるようにすることを計画しています。

 

  入金されたカードは銀行発行のデビットカードと同じように機能し、オーストラリアで一般的であるEFTPOSデビットネットワークを構成するどの商店でも使うことができるようになります。

 

  このCoinJar Swipeカードの発行には$29の初期費用かかりますが、CoinJar社は「事務手数料なし、補充手数料なし、交換レートなし(CoinJarのフェアレートポリシーによる)、そして休眠手数料なし」にすることを約束しています。

 

  Samuel Tate氏は「仮想通貨こそが未来です。しかし、今現在において有用なものとするためには、現在ある銀行インフラを活用しなければなりません。

だからCoinJar Swipeのようなサービスがとても重要なのです」と語っています。

 

  また同社はさらにグローバルに展開していくため、本社を最近ロンドンに移転し、2015年内にはデビッドカードを含む一連の製品を英国でローンチする予定となっています。