ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > 通信事業者の領域に進出するBitcoin プリペイドサービスの入金にデジタル通貨が使える

通信事業者の領域に進出するBitcoin プリペイドサービスの入金にデジタル通貨が使える

2015/06/05

gold-heap1 

オーストラリアのmHITsが提供するオンライン決済サイト「BitMoby」は、デジタル通貨「Bitcoin」を使って携帯電話などのプリペイドサービスの入金(チャージ)ができることから注目を集めている。

これは通信事業者の領域にまでBitcoinが進出してきたことを意味する。

今後の可能性を探る。

 

 オープンソースのデジタル暗号通貨の一つである仮想通貨「Bitcoin」。

そのエコシステムには、規模の大小や業種を問わず、様々なプレーヤーが参加している。

こうした動きが加速する中、これまでBitcoinとはほとんど接点がなかった通信事業者も無縁ではいられなくなってきた。

 

 そのきっかけになりそうのが「BitMoby」というサービス。

世界の110を超える国・地域のプリペイドサービスを対象に、Bitcoinを使って一定範囲の金額をトップアップ(入金、チャージ)できる。

間接的ではあるものの、通信事業者のサービス領域にBitcoinが進出してきたと言える。

 

 なお、プリペイドサービスが一般的ではない日本は現時点ではサービスの対象外となっている。