ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > プーチン大統領がデジタル通貨に言及「問題もあるが、使えるだろう」

プーチン大統領がデジタル通貨に言及「問題もあるが、使えるだろう」

2015/07/16

Vladimir_Putin_12020

 

 ロシアのこれまでのビットコインへの指針とは裏腹に、プーチン大統領はビットコインが「使える」通貨であると考えているようだ。

デジタル通貨のトピックは、ロシア・クリャージマで開催されたユースフォーラムの初日に議論された。

 

 ロシアは昨年8月、ビットコインに類する「プログラム的・人為的に発行管理されるデジタル通貨」を「マネーサロゲート」と定義し、事業者や個人に対して仮想通貨の利用や普及活動を禁じ、違反した場合には罰金を課す方針で議案が進んでいた。

今年の夏頃には議案が固まり、施行に移るとされていたが、国際的な環境の変化に伴い、ロシアにおける状況も変化しつつあるようだ。

 

 「重要な問題は、デジタル通貨がなんの制限も受けないことだ。

それらは価値の裏付けがなく、いかなる保証も誓約されていない。

しかし、既にひとつの計算の単位として”コイン”は利用されており、一般的に広く普及しつつある。」

 

 これらの「デジタル通貨」周辺の問題は、中央銀行とのトップ会合の中で長い期間議論されてきたという。

プーチン大統領は、デジタル通貨の利用に関して「否定はしない」と回答。

しかしながら、特定の組織に依存せず、特定のインフラを持たないデジタル通貨には依然として広範な問題があり、それらを解決する必要があると述べた。

 

 スポークスマンによれば、大統領の発言における「デジタル通貨」が特定の「暗号通貨」を示すものではなかったという。

しかし、これまでビットコインに対して否定的なスタンスを取っていたロシアが、ビットコインの利用に関して、少なくとも中立的な見方をし始めたことを示す最大の兆候であることは間違いない。

 

 「デジタル通貨に関する議論は、極めて慎重に、技術的な理解を含め、合理的な方法で進めている。

現在は多くの重大な問題があるが、新たな決済システムの構築が起こる可能性もあるだろう。」