ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > 仏メガバンク、ソシエテジェネラルが暗号通貨スペシャリスト・国際インターンを募集

仏メガバンク、ソシエテジェネラルが暗号通貨スペシャリスト・国際インターンを募集

2015/07/27

VLUU L200  / Samsung L200

 

 フランス最大級のメガバンク、ソシエテ・ジェネラルは、ビットコインやブロックチェーンの技術に精通した暗号通貨スペシャリストの国際インターン(VIE)の募集を開始した。

 

 同社の採用ページによれば、本インターンは12ヶ月の契約プログラム(VIE)で、ビットコインやブロックチェーン等の技術を用いて実証実験や研究開発を行うことを目的としている。

想定されている職務は暗号通貨世界の広範な領域にまたがっており、ブロックチェーン1.0から3.0、すなわち暗号通貨の基本的なプロトコルからスマートコントラクト、果ては経済や社会基盤を置換するようなコンセプトモデルの設計とプロトタイプ・プログラミングを行える人材を求めるとのこと。

 

 また、ビットコインやブロックチェーンのエコシステムにおける定量的情報の収集や、統計レポートの作成や、外部の(つまり、世界の)暗号通貨コミュニティでの活動や、コラボレーションも業務内容に含まれていることは非常に興味深い点だ。

全体として、クローズドでブロックチェーンの研究開発を行っている他の金融機関と対照的に、同社はオープンな取り組みとしてこれを実行しようとしている。

 

 暗号通貨人材を直接採用する動きは、大企業としてはインテルが業界初であるが、金融機関として採用に動いたのはソシエテ・ジェネラルが初めてだ。

金融機関とITテクノロジーが融合する、フィンテック2.0という概念が最近になり徐々に知られるようになったが、更に進んだ、最先端のテクノロジーにチャレンジしたという意味で、同社はフィンテック領域にとって極めて重要なマイルストーンを刻み込むことになるだろう。

 

 現在、フィンテックの台頭により金融セクターにおけるテクノロジードリヴンの動きは更なる加速を見せており、それはユーザーのためのインターフェースだけでなく、数十年変化していなかった金融システムのコアインフラを根本から破壊し置き換えるものとして芽生え始めている。

 

 「本件の募集は、フィンテックによって引き起こされうる金融システムの抜本的な変革に呼応するものとして、ソシエテ・ジェネラルが最先端の技術を先取りし、最前線を歩むことに挑戦するものです。」