ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > Chip Chapでビットコインの売買を約4000以上のポーランドのATMで可能に

Chip Chapでビットコインの売買を約4000以上のポーランドのATMで可能に

2015/08/12

chipchap-e1438579141774

 

 ビットコインをより一般へ普及させるためには、ビットコインを使って、手軽に売買・取引が出来るようにしなければなりません。

 

 手軽に売買・取引を促すために各国のスタートアップがサービス展開をしていますが、そのなかでもヨーロッパはビットコインの導入が進んでいるエリアの1つです。

スペインに本社を置くChip Chap社は、画期的な取り組みにより、ビットコインを普及させようとしています。

 

ヨーロッパで求められる 新たな金融システム
 

 従来の金融システムに代わる新しい選択肢が注目される中で、ヨーロッパでは多数の企業によって、既存のインフラと組み合わせ、ビットコイン普及へつなげる試みが広がりを見せています。

 

 その1つがスペインに本社を置くChip Chap社。

ポーランドにある約4000件ものATMを、独自のATMネットワークに加えることでビットコインの推進をしようとする企業です。

 

Chip Chap ビットコインとインフラを統合させる
 

 Chip Chap社は、スペインとポーランドにある銀行ATMとビットコインを統合させることに成功した、非常に興味深い企業です。

 

 Chip Chap社のサービスは、Chip Chapのアプリをスマートフォン(現在はアンドロイドのみ対応)にダウンロードにすることで、ビットコインと現金を換金出来るというもの。

 

 現在、Chip Chapのアプリは、フランスやイギリス、メキシコ、ポーランド、スペインで使用することができます。

 

 Chip Chap社のアプリは、ビットコインの他にもUkashやHalCashなど、銀行口座やクレジットカードを必要としない支払いシステムやクーポンをサポートしています。

ユーザーは、自分の通貨をまずビットコインへ交換し、さらにそのビットコインを各種のクーポンへ交換することができます。

 

 また、ビットコインから交換したクーポンをスペイン、またはポーランドのChip Chapに対応するATMで現金で引き出すことも可能です。

 

Chip Chapのアプリ使用にあたって
 

 Chip Chapのアプリの大きな利点の一つが、使いやすさです。

携帯アプリを使って、売買を簡単に行うことができます。

 

 アプリの使用者は、国名、電話番号、引き出したい金額をアプリに入力し、指定されたビットコインアドレスに送信するだけです。
ビットコインの送信が完了すると、コード番号がアプリに発行され、それを入力することでATMから現金を引き出すことが出来ます。

 

 現在対応しているATMは、INGダイレクト、HalCash、Banco Popularなどはじめ、多数存在します。これまで煩雑だったビットコインの換金が、手軽にできるようになったことで、今後も使える場面増えていくことでしょう。

 

 Chip Chapは現金と仮想通貨の交換に特化したサービスですが、更なるシステムの簡素化により、ビットコインが利用できる場面や、利用者の拡大につながる可能性を秘めたサービスと言えそうです。