ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > スイスの首都にビットコインのATMが設置される

スイスの首都にビットコインのATMが設置される

2015/09/25

wallet670x300_16

 

 ビットコインのコンサルティングやソリューション提供を行うBitcoin Suisse AGはBitXamの2WAYビットコインATMをスイスの首都であるベルンに設置した。

ベルンの住民は5%の手数料で一日最大5159ドルまで売買することができる。

 

 これまでの1年間でBitcoin Suisse AGはビットコイン関連メーカーのBitXatmやLamassuとパートナーを組んで3WAYのATMと1WAYのATMをスイス国内に設置してきた。

 

ビットコインの環境を改善

 

 ここ数カ月で、ウォレットサービス、取引、コンサルティング等のビットコインのスタートアップ企業は、環境の良さと規制の理由からスイスに移転する動きが出はじめている。

 

 今年の初めには、スイスでビットコインの付加価値税免除が決定している。

付加価値税は消費税の一種で、商品、素材、サービスに製造または販売の過程で課されるものだ。

付加価値税が免除されなければ、ビットコインの取引やBitcoin SuisseのようなビットコインのATM会社がサービスを提供する際に多大な税金が課される可能性やBTM(ビットコインのATM)の手数料やサービス料がこれまで以上に高くなる可能性もあった。

Bitcoin Suisse は、チューリッヒでのビットコインATM設置が差し止められた数週間後の2014年の6月にスイス金融市場監査局からビットコインATM設置の許可を得ている。

 

 その間、Bitcoin Suisseの代表によると「スイス金融市場監査局はBitcoin SuisseAGに対して未解決の法的問題のせいで一度はATM設置を差し止めを要求した。」

しかし、ビットコインのスタートアップ企業はすぐに適切な対応を行い、スイス金融市場監査局とのスイス全体でのATM設置の合意に至った。今日彼らのBTMは5か所に設けられている。

 

日本にもビットコイン専用のATMが数か所設置されている。興味のある方は是非足を運んでほしい。