ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > 初心者に向けてビットコインを教えるには

初心者に向けてビットコインを教えるには

2015/10/21

スペインの大手銀行BBVAがビットコインの利用推進-280x210

 

 初心者の人からビットコインについて聞かれたとき、いくら言葉で説明してもピンと来ない場合が多いのではないのでしょうか。
ちょっとやそっとの説明で理解してもらうということは不可能に近いかもしれません。

しかし、初心者に理解してもらうことをあきらめては、ビットコイン人口も増えてはいきません。
ビットコインを理解してもらうには論より証拠で実際に見て触れてもらうのが一番ではありますが、今回はビットコインの特性について初心者に理解してもらうためのポイントについて紹介します。

 

おさえるべきビットコインの特徴

 ここで分散性や秘密鍵公開鍵暗号、検閲耐性などを挙げても初心者にとってはアレルギーが出てしまうかもしれません。

ですのでまずは

 

  • 世界中に送金ができること
  • 限りなく匿名に近い送金
  • スマホによる支払い
  • 登録が簡単であること
  • 決済の速さ
  • 透明性の高さ

のような特徴を、問題点や課題なども含めながら説明できれば良いのではないのでしょうか。

 

実物に触れてもらう①

 まずは実際に店舗での決済を見てもらうことがもっとも効果的です。
ビットコインのように価値が裏付けされていないものを店で使えることを目で見れば、納得してもらいやすいかと思われます。

現段階でビットコインでの支払いを受け付けている店舗は受け付けたビットコインをすぐに現金に変換しているため、正確にはビットコインを受け付けているとは言い難いです。
しかしこれによって決済の速さを体験できたり、スマートフォンでQRコードを読み取るだけで支払いが完了したりといったことが証明できます。

 

実物に触れてもらう②

 ビットコインウォレットを初心者の人のスマートフォンにダウンロードしてもらいます。

iOSの場合はBread Walletが、AndroidならBitcoin Walletがお勧めで、インターネットに接続された端末さえ持っていれば誰でも世界中に送金ができます。
これに自分のビットコインを送って、実際に使えることを見てもらってもいいかもしれません。

スマートフォンにより決済が可能なこと、登録が簡単であること、決済が速いことが分かってもらえるのではないでしょうか。

 

実物に触れてもらう③

 送金が確実にできていることを確認してもらうのも一つの方法です。
送金記録はブロックチェーン上に残され誰からも見れるように公開されているので、これを確認してもらうことでより確実性を確かめてもらうことができます。

f:id:coinandpeace:20151016140734j:plain

例えばこの画像ですが、このQRコードに送られたビットコインはすべて慈善団体に寄付されるようになっています。


この画像を通した取引の詳細が見られるのがこのアドレスです。
https://blockchain.info/address/1LsiqK52yzGTvZw1Sv6zuKqh7DpS7XzoMt
いくらビットコインが集まっているかまでも見ることができ、デモ用に使ってみるとわかりやすいです。

これによってはビットコイン取引の透明性がわかると思います。
匿名性があり犯罪も起こりやすいと思われがちですが、実はこの透明性がカギともなっています。

いろんな人にビットコインやそれに関連する技術を知ってもらえれば、それだけ考え方に多様性が生まれ新しいアイディアが出てくる確率が上がるのではないでしょうか。