ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > ビットコイン専用銀行がバヌアツで完成、世界初

ビットコイン専用銀行がバヌアツで完成、世界初

2015/11/17

欧州私設株取引所chi-xの創始者がブロックチェーン事業を開始

 

 Dimitry Voloshinskiy氏率いるとあるチームが、世界初のビットコイン専用の銀行をバヌアツで創業したことがわかりました。
その名も”Nextbank”です。

 

どういう銀行なのか?

 詳しいリリースは未だされていませんが、コンセプトは“ビットコインによる、ビットコインのための銀行”です。
顧客としてはビットコインを使用している人ならだれでも、個人企業家から大きな企業まで対象としています。

同銀行は完全にネット上のアカウントだけを用いて運営され、100%オンラインの銀行を構築していく予定とのことです。

 

なぜバヌアツなのか?

 バヌアツは南太平洋のシェパード諸島に属しています。
面積が1万2190㎢、人口は約25万人程度と小さな島国です。

なぜ、このような小さな国にビットコイン銀行を作るに至ったのでしょうか。

それは、新しい銀行の受け入れやすさにあるのではないでしょうか。
先進国のようなところでは、昔からその地域に根付いている大きく伝統的な銀行が多く立ち並んでいます。
こういった国では銀行におけるビットコインの活用は受け入れられにくい傾向があるようです。

このような状況とバヌアツの金融行政が整っていることが相まって、今回の創業に至ったのだと考えられます。

 

今後の動きは?

 同銀行が今後目指していることは以下の内容が挙げられます。

  • 銀行の規模の拡大を目指すため、世界中でのビットコインに関する規制をゆるめること
  • 国際的に用いられているデビットカードを使えるようにすること
  • 遠隔で個人アカウントを作りやすいようにすること
  • FinTech(Finance+Technology)なビジネスの基盤を作ること

 本格的にNextbankが動きはじめるのは2016年からとのことです。
さらに詳しい情報は、次のリリースを待ちましょう。