ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > ブラジル、大学がビットコインを受け入れ

ブラジル、大学がビットコインを受け入れ

2015/11/25

rule670x300_11

 

 サンパウロに拠点を置く私立大学であるパウリスタ情報マネジメント大学(FIAP)は、選択コースの支払いにビットコイン(Bitcoin)を受け入れると発表した。

 

 FIAPは企業、イノベーション、プロジェクトマネジメントそして技術のための短期コースを提供しているShiftプログラムの一部としてクラスの入学金に対するビットコイン支払いも受け入れていく。地元のビットコイン支払い処理業者であるPagCoinが支払い処理を行うようだ。

 

 Eラーニングの教授であるRubin Leandro氏は支払い方法にビットコインを加えることにより、将来FIAPは同技術における地元のリーダーとしての地位を確固としたものにすると信じていると述べた。

 

 彼はCoinDeskにこう語っている。
「私たちはビットコインが学生が支払うための新しい方法であると信じており、私たちはブラジルにおけるこの種の実験に関わる必要がある。

私たちはこの技術を使用して、この技術について学び、ブラジルにおいてこの技術とビットコインの利用について教える最初の大学になりたいと考えている。

同技術を活用するより広範な計画の一部として、FIAPは『ビットコイン-A Revolução do Dinheiro』と題する6モジュールのコースを提供し、キャンパスにビットコインATMを導入している。

 

コー​​スの詳細

 

 Leandro教授はこのクラスが一学期のコースではなく、週末に開講されこの技術を学びたい人すべてに提供されるコースであると説明した。

 

 モジュールのトピックは、ビットコインとその他の支払方法の違い、金融市場へのビットコインの影響、学生がどのようにビットコインを購入し取引を行うことができるのか、といった内容を網羅している。

教授によると、コースの一部として学生はハンズオンの学習も行う。
「学生はいくらかのビットコインを受け取り、コースの支払いやブラジルの実際の通貨との交換などを行う。」と彼は加えた。

 

ビットコインATMの導入

 

 FIAPは学生たちに同技術を紹介するためにビットコインATMを導入したスペインのPompeu Fabra大学、カナダのSimon Fraser大学そして米国のMITを含む国際的な大学に加わるだろう。

 

 ビットコインATMユニットはビットコインスタートアップCoinBRによって無料で提供され、Pagcoinは取引の1%の手数料を受け取る。

 

このユニットはMBAコースを提供しているFIAPのPaulistaキャンパスで使用することができる。