ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > ビットコインで支払いが出来る「暗号化されたビデオ通話サービス」がリリース

ビットコインで支払いが出来る「暗号化されたビデオ通話サービス」がリリース

2016/02/05

biz670x300_101

 

 BitPhoneが、暗号化されたビデオ通話『Web Call』を新年にリリースした。

暗号化されたビデオ通話は盗聴の心配がなく、ピア・ツー・ピアで音声とビデオをつないでおりプライベートな会話の他にも音声会議やストリーミングビデオのプラットフォーム、有料ビデオ放送などへの用途も期待できる。

 

 以下は、Bitcoin MagazineがBitPhoneの創設者であるギャビン・スティーブンス氏に行ったインタビューのまとめとなる。

 

 同社は新年になって、顧客の要望にこたえてBitPhoneに新しい機能を追加した。

暗号化されたビデオ通話以外に、例えばBitPhoneはユーザーがオンライン接続のためにビットコイン(Bitcoin)に加えてオルトコインによる支払いを行えるようにしている。

 

「BitPhoneの通話は55以上の国に設置されており、ShapeShift.ioを統合したことによってユーザーはビットコインの他にもさまざまな暗号通貨によって通話料を支払うことができるようになった。」とスティーブンス氏はBitcoin Magazineに語る。

 

「公共の電話ネットワークは盗聴される可能性があるため、多くのユーザーはプライバシーについて懸念している。

私たちの新しいWeb Callの機能はユーザーをピア・ツー・ピアで繋ぐことによって完全に暗号化された音声およびビデオ通話を可能にしている。

これらのWeb Callは音声会議の中継やストリーミングビデオのプラットフォーム、有料ビデオ放送、またプライベートな会話として利用することができる。

あなたのビデオ通話はいかなるサーバーにも送信されることがないため、モニタリングされたり盗聴されたりする恐れが無い。」

 

 Web Callの通話料は現在1分あたり2セントであり、ビジネス利用について発信側は受信側に対して無料か有料かを設定することができる。

これはBitPhoneのユーザーが分当たりの料金設定あるいは通話毎の料金設定でビジネスを構築することができることを意味する。

 

 スタートアップに事前のコンサルテーションを提供したい法律事務所や、地球の反対側にパートナーと顧客を抱える新しいビジネスなど、こうした有料オンライン通話の可能性は大きい。

 

 ユーザーの安全とセキュリティは重要な価値がある。中央サーバーを使ったサービスでは、セキュリティにリスクはどうしても伴う。

BitPhoneのWeb Callのコンテンツは中央サーバーを持たないため、どのような機関からもアクセスされるリスクはない。

 

「ウェブ通話の利用者からビットコインを集めることは、コマーシャルと広告でユーザーをうんざりさせることなく収益を上げるための手段」とスティーブンス氏は述べる。

「私たちはユーザーが自身のウェブサイトからBitPhoneの技術を利用して電話を掛けることができる機能も追加した。

サイトの訪問者はただ『ここをクリックして電話を掛ける』というリンクをクリックするだけでブラウザを使ってあなたに電話を掛けることができる。

制限時間の間、プライベートURLに登録した全てのBitPhoneユーザーは無料のWeb Callをかけられる。」