ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > マサチューセッツ工科大学、ビットコイン開発者のための投資会社を設立

マサチューセッツ工科大学、ビットコイン開発者のための投資会社を設立

2016/03/31

mit-media-lab

 

 MITは今日、ビットコイン開発者のための90万ドルのファンドを組成したことを明らかにした。

ファンドには、ベンチャーキャピタリストのフレッド・ウィルソン氏、ジム・ブライヤー氏、ジム・パロッタ氏、ジェフ・タラント氏、LinkedIn創業者のリード・ホフマン氏のほか、企業としてBitFury、Bitmain、Chain、Circle、NASDAQが名を連ねている。

 

 ブロックサイズの拡張やオルタナティブ・ネットワークの利用など、スケーラビリティに関するビットコインの議論は今なお白熱しているが、こうした技術的課題を、学術的な側面から解決に取り組む開発者を支援することを目的としている。

ファンドによる支援を受ける開発者は明らかにされていないが、MITメディアラボのデジタルカレンシーイニシアティブ(DCI)のディレクターを務めるブライアン・フォード氏は、ビットコインのエコシステムに貢献しているビットコインプロジェクトのコアコミッターなどを支援したいと声明の中で述べた。

 

「我々は、ウラジミール(laanwj)やコリー(theuni)、ギャビン(gavinandresen)のように、ビットコインを学術的なスタンスからサポートしてきた人々を支援するためにファンドを組成しました」

 

 ファンドは、開発者の活動を出資者の思惑で制限しない制約の元に組成されており、ブライアン・フォード氏はこれを「無制限のギフト」と呼んだ。

MITDCIは伊藤穰一氏の指揮のもと設立されたイニシアティブで、技術中立的な立場から、多大な投資が行われさまざまな思想が入り乱れるビットコイン・エコシステムの形成を学術的に支援することを理念として掲げている。

 

 「学術界にとって重要なのは、思考の場と、アイデアを形にするためのプラットフォームを提供することです。」フォード氏は語る。

「DCIのゴールは、ビットコインにおける思想の多様性をサポートすること。我々は、コアにもクラシックにも与しません。」