ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > ビットコインとカナダの相性は最高

ビットコインとカナダの相性は最高

2016/04/06

Bitcoin-Canada-Match-Made-In-Heaven

 

 ビットコインの取引指数が一日あたり600BTCを超え、ビットコイン自動預入支払機(BTM)が世界で最も行き渡り、人々が新しいテクノロジーの受入れに非常に前向きであるカナダにおいて、ビットコインの未来は明るいと言えます。

世界中でビットコインの認知は広まっていますが、統計によればカナダでのビットコインの実績は群を抜くものがあると、BitAccessの共同創業者であるMoe Adham氏は言います。

 

カナダ政府はビットコインに寛容

 ビットコイン企業のBlockstream社の社屋がモントリオールにあると言う事実は、カナダ政府が暗号通貨に対していかに寛容であるかを示しています。

カナダに拠点を置くビットコイン企業の例をMoe Adham氏は次のように挙げています。

「インフラ構築を行うBlockstream社があり、ビットコインのコア開発者を多数雇用しています。

彼らの拠点はモントリオールにあります。

またCoinKiteもあり、プライバシーに焦点を合わせたビットコインウォレットと開発者APIを提供しています。彼らはトロントに拠点を置いています。」

 

今後の課題

 Adam氏は、ビットコインが直面する唯一の大きな課題を特定するとしたら、規制の不透明性だと言います。

これが理由で、中小ビットコイン企業が銀行と取引関係を結ぶのが難しいと言います。

「そうであっても、カナダでは約30台のビットコイン自動預入支払機(BTM)が稼働しています。

あと6,000ヶ所BTMを開設する予定です。それはカナダの人々によるビットコインへのアクセスを簡単にしたいという私達のゴールの一部です」とAdham氏は述べています。

 

対立と協力関係

 Adham氏によると、カナダの各ビットコイン取引所ではほぼ協力関係に近い関係が見られるといいます。

取引所は別の取引所を流動性のために活用し、各ウォレットは提携しています。

カナダにおけるビットコイン市場は非常に規模が大きく、各取引所間の関係は対立というよりむしろ競争だと、彼は強調しました。

将来の展望について彼はこう言います:

「明るい未来が見えています。政府は過剰な規制に走っておらず、カナダ人は新しいテクノロジーの採用にとても前向きだからです」。

今後のカナダの動きに注目です。