ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > 仮想通貨購入は消費税ゼロ 「支払い手段」と定義

仮想通貨購入は消費税ゼロ 「支払い手段」と定義

2016/12/16

bitcoin1-174x131

 

 ビットコインなどインターネット上で流通する仮想通貨を購入する際にかかる消費税が2017年7月からなくなる。利用者はこれまでより消費税分だけ実質的に安く買える利点がある。

 

 ビットコインなどの仮想通貨は専門の取引所を通じて買える。円やドルなどで購入でき、銀行振り込みやクレジットカード決済で支払うケースが多い。

現在は購入時に8%の消費税がかかり、利用者は取引所の手数料と一緒に支払っている。

 

 今年成立した改正資金決済法は、これまで法的な規定がなかった仮想通貨をプリペイドカードや商品券と同じ「支払い手段」と定義づけた。

商品券などの購入には消費税がかからないが、仮想通貨は課税が続いており、金融庁が財務省に判断を求めていた。

欧米では非課税とする国が多い。

ビットコインは送金手数料がほぼゼロといったメリットも多い。購入時の税負担がなくなれば利用者が増える可能性がある。

                                      日経新聞 掲載