ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > ブラジルでは株式よりもビットコイン取引

ブラジルでは株式よりもビットコイン取引

2018/02/13

international-2690912_1920

 

ブラジルでは、すでに仮想通貨取引所のユーザー数が国内最大の証券取引所であるサンパウロ証券取引所の登録者数を超えた。

 

ブラジルの大手仮想通貨取引所3社はブラジルにおけるビットコインの取引の95%を占めており、登録者ユーザー数が140万人を超えているという。

サンパウロ証券取引所の登録者数61万人の倍以上だ。

仮想通貨が人気になった理由は、価格の変動率と高い利益率にあるようだ。

同取引所ではユーザー数が75万人にのぼり、昨年と比べて2.75倍になっているとのことだ。

 

 ブラジルではビットコインの取引が人気だが、取引が規制されていないロシアでもビットコインの認知度は上昇傾向にあるようだ。

ロシアのVCIOMが行った調査によると、調査対象者全体の56%がビットコインを知っており、インターネットの利用回数が多い対象者の間では66%がビットコインを認知しているとの結果が得られた。

 

 仮想通貨取引は証券取引よりユーザー登録が簡素であったり少額取引も可能であるため、伝統的な金融市場より市場参入のハードルが低いことも、仮想通貨取引が一般的に広がった一因と言える。

昨年11月にマクロミルが1万人の会員を対象に行った調査では、すでに87%の人がビットコインを認知していた。