ビットマスター│今話題のビットコインと、パワフルなビジネスが一つに。

  • ライフイノベーション、来たるべき未来へ
  • ビジネスセミナー開催スケジュール

最新ニュース

トップ > 最新ニュース > スコットランド運命の日が一夜明けて

スコットランド運命の日が一夜明けて

2014/09/20

2014y09m20d_143527077

 

 ガラパゴス日本でもスコットランドの独立が回避されたことは多くのメディアが大々的に報道していた。


このニュースと同様に報道されたのが、ポンドが円に対して1 GBP = 180円くらい強くなった点だ。


こういったニュースは少し的が外れている。ポンドが強くなっているのではなく。

 

ドルが絶対的強くなっているのと円が弱くなっているのが実態だ。

 

 そういう場合はドルが基軸通貨ではない国の住民はビットコインを買うことで自国の通貨安をヘッジするべきだ!

 

 さまざまな通貨に対するドルの強さを示す、ドル指数を見てみると明確である。今年の6月から怒涛のごとく上がっている。

 

USD Index

 

 

 

ビットコインの6月のチャートを見てみると、非常に興味深い。6月から一貫して下がっている。


スコットランドの独立回避以降の値動きがおていることはなはだしい。。。

 

2014y09m20d_144742925

 

 

 ポンドが強くなったと報道された日本とはうらはらに、ポンドのドルに対して6月から弱くなっている。

 

つまりドルが一本で強くなっている。

 

2014y09m20d_143801211

 

 ドルの強いトレンドは当分継続すると筆者はみている。マクロ経済から見るビットコインのこれからの値動きを参考にしてもらいたい。

 

 なので、円安も進んでいる日本の国民はビットコインをたくさん買うことで通貨に対するヘッジを行うべきである。

 

円を売るなんていう手法はもう古すぎる!